テニス専門店の店長のお役立ち情報
ショップ店長での経験、テニスコーチでの様々な体験、日々の出来事、などを少しでも役立ててもらえる様にと情報を提供するブログ。

プロフィール

トスアップ、コーチ君

Author:トスアップ、コーチ君
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「それはないでしょう」と思う瞬間

 お客さん相手の商売は本当に大変だな~とつくづく感じる時がある。

ちょっと前に、あるスーパーで女性客が店長を呼びだして文句を言っていた。それもてとも大きな声で。
あまりに大きな声なので、聞きたくもない文句の内容が伝わってくる。それは購入した惣菜がとても
まずかったとのことで、店長には伝えておきたいとのことだった。

それに対して店長の応対が悪かったのか、
完全に恐いおばさんに変身していた。 近くにいた人達までがとても不愉快な思いにもなる程に。

 当店もお客さん相手の商売をしているが、幸いにも大きなトラブルはない。
お客さんの層にも恵まれていると思う。

 それでもたまに「それはないでしょう」と思う瞬間もある。

というのも、以前に張り上げたガットが早く切れたので、何とかしてほしいと言って来られたお客さんがいる。
パッと見て当店には責任はないとは思ったが、納得されないようで最終的には弁済する形をとった。
そしてこれから安くして貰えれば、これからも当店でガットを購入してもいいとの話になった。

本心「それはないでしょう」と思ったが、やはりまともにそういう態度を示すことは出来ない。
お客さんあっての商売なので仕方がないと。。でも、それとともにちょっと遣る瀬無い気持ちにもなった。

 大概のお客さんは申し訳ないという態度を示される。その場合、心情としてこちらとしても何とかしたいと
いう気持ちにもなる。やはりいくらお客さんだからと言ってもこちらも感情が入る。

 ちょっと寂しい気持ちでいると、その後いつも通りに当店を信頼してもらっているお客さんが来られ、
他愛もない会話を通して気持ちが癒された。

こういった思いがあればこそ、商売をして良かった、これからも頑張って続けようとも思える。

本当に、良いお客さんに恵まれていることに心からもっと感謝しなくては。




スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。