テニス専門店の店長のお役立ち情報
ショップ店長での経験、テニスコーチでの様々な体験、日々の出来事、などを少しでも役立ててもらえる様にと情報を提供するブログ。

プロフィール

トスアップ、コーチ君

Author:トスアップ、コーチ君
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


虐待

最近、よく虐待の記事やニュースにお目にかかることが多い。
その度に、なんとも言えない気持ちになる。内にも子供が4人いて、なおさらそういう感情になる。
皆子供は可愛いし、特に一番下の2歳の息子とその上の5歳の娘は本当に可愛い盛り。
 とても虐待なんて考えられない。
 その虐待について専門家や評論家の人たちは色々な事を言っている。共感できる場合もあるけど、大半はなんかちょっと違うような気もする。
 自分が子供を虐待するとは今は考えられないが、虐待する人たちの気持ちも理解できないではない。
 色んなケースはあると思う。実の子や血の繋がっていない子供とか様々だと思う。ただ自分の子がどうかとかはそれほど関係しないと思う。
 内も上の子2人は自分とは血がつながっていないが、下の子との区別は余りない。
可愛いとかそうでないとか、そういった単純な感覚だけでは虐待まではいかないと思う。
 ただ共通して言えるのは、余裕のない人が自分の思い通りにならない場合に、感情を押さえ切れずちょっと手を出してしまう事。
 ただそれから虐待にまで発展するかどうかは、自分と対象の相手との相性が左右する。
最初は可愛さから、教育から手を出す事もある。ただその後の子供の態度が大きく虐待に作用する。
 自分の感情だけで手を出した場合、自分にも後ろめたい気持ちもあり、少し反省することもあると思う。でも本当に戒めのためや、子供の訳の分からないこと言動のため手をだした場合とかは、子供が素直に聞き入れてくれるのならそれで収まる。でもそうでない場合だんだんエスカレートしていく。
 そして歯止めが利かなくなり、とても普通では考えられない虐待へと発展していく。
スポンサーサイト

テーマ:子育てについて - ジャンル:育児




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。